子供の一週間検診

私は、30代の専業主婦です。先日、三人目の男の子を出産しました。2700gで三人の中で一番小さくて安産で出産することが出来ました。 普通は、赤ちゃんが退院する時は、赤ちゃんの体重は減って退院するのですが、私の赤ちゃんはツワモノだったらしく体重を増やして退院しました。助産師さんが言うには、珍しいそうです。産まれた時は小さかったから、一生懸命がんばっているんだなぁと思いました。 何事もなく退院して、実家に2日だけ帰りました。上の息子2人は、私が入院してる間に泊まっていたのでだいぶ慣れていた様でした。 やっぱり、新生児の育児は大変ですね。5年ぶりの新生児はハイパワーでした。3時間置きの授乳は30代にはなかなかきつかったです。母乳なのでどのくらい飲んでいるのかも分からない一週間でした。 退院して一週間後、赤ちゃんの一週間検診がありました。体重がどのくらい増えているのか心配でしたが、結果、1日に63gくらい増えていて3250gになっていました。 安心して、母乳育児ができそうです。海外に強い転職エージェントはココ※英語が少し不安な方用

やってみたかった職業なので、まずはその世界に飛び込もう!と。お給料や待遇は二の次で面接し、採用されました。それから5年経ち、周りのサポートはありますがプロジェクトを任せてもらえるまでに成長。ただこのあたりから、「わたしは、この会社だから通用している?」と思えてきて、同業他社への転職を考えるように。けれど世間は不景気で、一人暮らしでの転職ジプシーは避けたかったんです。つい腰が重くなりかけたわたしですが、転職へ踏み出せたのは「彼」ができたことでした。社内恋愛は仕事がやりづらいです。あれほど先を見越してと慎重だったのに、この時ばかりはあてもなく辞められ、まさに恋の暴走です。職種柄、いい求人は新聞が多いと聞いていたのでメインで探して、なければハローワークや求人サイトを活用。ダラダラ就活しないよう期限を決めて、面接が途切れないよう心掛けました。数ヶ月しないうちに、新聞で見つけた会社に採用決定。アシスタントの求人だったのですが、面接での自己PRの成果でしょうか、チーフアシスタントのポジションに!自分のランクもお給料も(僅かですが)アップしました。転職して良かったです。